オルソティック(矯正用インソール)

インソールとオルソティックは違うのです、インソールは単なる中敷き

オルソティックとは矯正具をさします。

足で悩んでいる方々のご相談をお受けいたします。Top-Runでは21年の経験を生かし、患者さんの悩みのご相談を受け、問診、歩行検査、画像診断、足底面圧センサーなどさまざまなテストをいたします、その上で何が一番ベストなのか、何をしたらよいのかを選択します、多くは矯正用インソールをお勧めいたしております。

製品はアメリカのFootmaxx社にデータを専用機器を使い転送し2~3週間で患者さんのお届けするという形になりますが、もちろん取りに来られるかたも歓迎いたします。

右の写真は私が若かりし頃、1997年にニューヨークを訪問した際にDrランがー氏から直伝の説明を受けている画像です。

 

 

当社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

平日は時間がないという方も安心です。

お問合せ

平日はお仕事で忙しいという方のために、土日(メールのみ)もご相談を受け付けております。

メールでお願いをいたします、メールが出来ない方はお電話でのご相談もお受けいたしえおります。

匿名のお電話は、お断りしております。

お客さまとの対話を重視しています。

診断日の予約

メール、お電話でのご相談の後、当院で診断日の予約をしていただきます。

診断風景

オルソティックの製作

さて、ここからが本番です、約1時間の所要時間で多くの検査、テストを行い、足を中立位でトリシャムというドイツ製の専用スポンジで足型を取ります、それから約2~3週間で患者さんのお手元に届くという形になります。

遠隔地からお越しの場合は宅急便で直送という形になります。オリジナルのインソールを引出し、矯正用インソールと交換をしていただきます。

なお、使用法もすべて初診の日にご説明をさせていただきます。保証、サポートも万全な体制を整えております。

FPIテストの画像

石膏で足型を取る伝統的な方法

専用の読み取り機で足型取り、日本には数台しかありません。

患者さんの画像を撮りSTJ関節の補正角度

足底面圧センサーでの診断

石膏での足型を取っている場面

FPIのテスト

6ツの足関節の重要なテストをします。

Fediexにて輸入

日本に到着

さて、日本に貨物が届きました、通関を経て、Top-Runに配達されます、あとは製品を検品して、お届けされる訳です、長い道程を経て日本に届きます。

料金表

ここでは当社サービスの料金についてご案内いたします。

基本料金表
診断料 ¥5.000
オルソティック(医療用インソール) ¥30.000
ランナー用ボイジャー(カーボン製オルソティック) ¥37.000
特別なパットやパーツを付加した場合 ¥1.000~3.000

症状により保険が使える場合もございます、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

外国のラボでの工程

13の工程を経て製品が完成されますが、全部ハンド・クラフトで製作されます。

お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
0297-85-4542

ごあいさつ

川股 和博

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

代表者ごあいさつ